私達&ワン達が食べているものは・・・(・・?

菊地あゆみ菊地あゆみ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今ドッグフードのあれこれをリサーチしておりますが、私たちの市場同様に「食」にこだわったものが多く出回っているように感じました。 現状ドッグフードに使用許可が出ている添加物が人間の添加物より多いことは確かです。人間でいうと […]


目次

今ドッグフードのあれこれをリサーチしておりますが、私たちの市場同様に「食」にこだわったものが多く出回っているように感じました。
現状ドッグフードに使用許可が出ている添加物が人間の添加物より多いことは確かです。人間でいうと800種類以上の添加物です。それだけでも十分に多いですけどね。
さて、我が家のロミも今月で7歳になりました。まだまだお転婆で、運動量も少なくはないとは思いますが、ラブラドールレトリバーゆえ何せ太りやすい犬種です。食後の果物をちょこっとずつ上げている母上のせいで・・とは言いませんが、少し太った感ありなので、一番カロリーの少ない「ナチュラルチョイス」のダイエットフードに切り替えてみました。1か月もするとちょっとくびれたかも?と思えるような結果です。
最初は「カロリーが少ないもの」が最優先でしたが、ちょっと原材料をみてみると以下の通りです。

ラム生肉、乾燥ラム肉、玄米、米糠、エンドウマメ、セルロース、ヒヨコマメ、エンドウタンパク、オートミール、アルファルファミール、ビートパルプタンパク加水分解物、鶏脂*、ひまわり油*、大豆油*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

犬には穀類は好ましくはないという見解もありますが、頑張っている方のフードだと思います。

では人間はどうでしょう。普段私達が朝食に食卓にありがちな食材をあげてみました。
シャ〇エッセン(豚肉、豚脂肪、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、食塩、香辛料、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸*)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)
食パン(小麦粉、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、脱脂粉乳、牛乳、ショートニング
イースト、バター、卵、食塩、乳化剤イーストフードV.C香料
マーガリン(食用植物油脂食用精製加工油脂、食塩、脱脂粉乳、乳化剤香料着色料
野菜にカロリーハーフのマヨネーズ(食用植物油脂、卵、醸造酢、食塩、砂糖、香辛料、たん白加水分解物/増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆・りんごを含む)

※ここでいうアミノ酸は少なくても5種類以上の添加物がはいっている可能性があります。
赤文字は体には良くないもの
青文字は気になるけど害にはならないもの

どうでしょう?下手したら人間の方が体に良くないものを摂取していることになりかねないことがお分かりになりましたでしょうか?
愛犬のフードももちろん大事ですが、まずは飼い主さんの食生活を見直すことが大事なのかもしれませんね。

この記事を書いた人
菊地あゆみ

クッキングスペシャリスト。 毎日の食事、きっと一生続ける事、できることならより楽しく面白く、鼻唄まじりぐらいで 作るのが丁度良い。食べてもらう人がいるから作る喜びが生まれる。 若い時には考えもしなかった、勝負服より勝負料理! そんな思いを少しでも皆様にお届け出来たら嬉しく思います♥