4人+ワンでひとつの家族。~犬の洋服編~

ChihiroChihiro
このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、犬の豆知識情報(ワンペディア)や体験モニタリングなどを書いていたDOGPAD編集部のChihiroですが・・初の連載コラムに挑戦!
私の愛犬との出会いからはじまり、愛犬との生活で気づいたことなどをコラムにしていこうと思います。
今回は犬の洋服についてです♪


目次

寒い季節は洋服が必須

先日、48年ぶりの大雪が都心で降りましたね!!
ここ最近、寒い日が続いています。

関東生まれ関東育ちの私にとっては、
寒さは大の苦手・・・(^_^;)
「ココア、自分で散歩行ってきて〜」
なんて言ってみたりすることも(笑)

けれど暑い日も寒い日も関係なく楽しそうに散歩している姿を見ているので
毎日の散歩も続けられてます♪

けれど、やっぱり犬は寒さに弱い生き物なので、
私たちが肌寒いな〜と感じる秋頃から毎年洋服を出して着せてあげています。

最近の洋服はどんどんお洒落で機能的なものになっていますよね・・・!
私の家では、ココアの防寒と飼い主の楽しみの半々を理由に購入しています。

雨の日用にレインコートも♪
濡れるのが大嫌いなココアに購入してあげました。
(たくさん使ってボロボロになったので、新しいのを探し中・・・)

シーンに合わせて購入してあげるのも良いですよね♪

犬の洋服のサイズは?

人間と同じように、S,M,Lなどの表記で販売されているところもありますが
実際は犬種や体系で大きく変わります。
サイズで失敗してしまった・・・という方も多いのではないでしょうか?

基本的に犬の洋服は2つのタイプに分かれるようです。

①前足のみを通すタイプ
②後ろ足も通すタイプ

顔を前向きに立たせた状態で、メジャーを使って正確に測定♪
首回り・バスト・ウエスト・お尻丈・背丈(着丈)

前足のみを通すタイプ

ワンちゃんのバストサイズを基準に、と言われていますが、
小型犬の場合は着丈が短くなってしまうことが・・・
気持ち大きめのサイズを買う人が多いようですね。

後ろ足も通すタイプ

ワンちゃんの着丈サイズを基準にします。
次にバストを確認します。
バストが小さいと、苦しくなってしまいます^^;

最近は試着OKや、サイズを確認するためのサンプル、
通販サイトではセミオーダーで洋服を作ってくれるところもたくさんあります。
サイズで失敗したくない!という方には嬉しいサービスですね♪

洋服の洗濯方法

こちらについては、私も皆さんがどうしているのか聞いてみたいところです。
黒い毛なので、一緒の洗濯機に入れず、手洗いで汚れを落としています。
しかも、勝手なイメージで、人の洗剤は皮膚によくないと思い込んで
ぬるま湯のみで洗っているのですが・・・

犬の皮脂はワックスエステルというロウのような成分が人より含まれていて、
むしろしっかり汚れを落とさないといけないのだそう!

まだまだ勉強不足ですね・・・

ちなみに、毛が洗濯機や排水溝に流れてしまうことで、トラブルになることもあります。
洗う前に粘着テープ付きコロコロで毛を取り除いてから洗濯をした方がいいですね。

※季節によっては、フケやノミダニの死骸やフンなどがついている場合もあるので
その際は掃除機で吸い取る、という方法もあるようです。

最後に

ただのお洒落だけでなく、ワンちゃんの暮らしを豊かにするために、と考えると
洋服の選び方も変わってきそうですね^^

(ココアが女の子だったらワンピース着せたかったな〜)

まだ洋服を着せたことのない方にこの記事が参考になれば嬉しいです。

韓国で購入した洋服たち

皆様のご意見・愛犬とのエピソードなどもありましたら教えてください♪
Facebook、Instagram、Twitterでのコメント欄やメッセージでも受け付けております(^^)
お問い合わせフォームでもメッセージお待ちしております♪

この記事を書いた人
Chihiro

DOGPAD編集部(兼YouTuber?)インターンを卒業後正式にDOGPADのスタッフに♪愛犬はキャバリアのココアくん。趣味は旅行とダイビング。人とワンちゃんとの暮らしをより豊かにするため、皆さまに情報をお届けします(*^^*)