人も犬もジビエ??

菊地あゆみ菊地あゆみ
このエントリーをはてなブックマークに追加

DOGPADレシピ監修菊地あゆみ先生のコラム。
ラブラドールレトリバーのロミちゃんとの生活する上で感じたこと、気づいたことを書いていきます。
今回は、「ジビエ」についてです。


目次

ジビエ食材の旬

旬といっても野菜や魚とちがって原則的にはには野生鳥獣のシカやイノシシは狩猟期(11月15日から翌年2月15日まで)にしか手に入りません。
そしてジビエは野生鳥獣の食用肉を意味するフランス語だけあってフランス料理のメニュー欄に載るのもこの時期です。今回は鹿に焦点を当ててみますね。なぜかというと私もこの時期頂戴するからです。

夫の狩猟の免許をもっているお友達が、然るべきところからの依頼でいつもこの時期、生の鹿肉を頂戴します。八王子の山奥とのことですので、あの未曽有の事態依頼、仕事場の放射能測定器で計ってみたりしています。こけや自然のものを食しているため数値がでるのかと思いきやいつも出ませんので一安心しています。やはり口にするものは安全を確保したいと思ってしまします。

どのようにして食べるか?

いつも夫は、にんにくや生姜をつけながら馬刺しのように生で食べたがります。
でも、私は生は苦手なんです。

どうしても生は・・・。だってジビエには病原性大腸菌O157、E型肝炎ウイルスや寄生虫などが潜んでいる可能性がありますから。
だから、ご家庭ではよーく焼いて食したほうがよろしいかと思います。
しかし、よく火を通したら何せ鹿肉固くなります。そこでポイントとしてはお肉のたんぱく質を柔らかくする酵素やアルコール等に漬け込むことをお勧めします。

例えば、すりおろし玉ねぎ、塩麹、ヨーグルト、すりおろしパイナップル、お酒や牛乳などです。もし、ヒレ肉のレアを望むなら美味しいフランス料理に行かれては如何でしょう??

栄養はどうなの??

鹿肉は高たんぱく、低脂肪です。これだけ聞いてもヘルシーです。そして豚や鶏と比較すると、脂肪を燃焼するのに欠かせないビタミンB2はもちろんのこと、鉄分や美容ビタミンとも言われている亜鉛がとても豊富に含まれています。美容と健康を保ちたい方、体重が気になる方、ご高齢の方等に是非ともお勧めしたいタンパク質です。

犬は昔から・・・

犬の祖先はオオカミと言われています。

オオカミは肉食で、動物性たんぱく質が含まれる野生の鹿肉を食べていたようですから、もしかしたら鹿肉は犬にとって王道のたんぱく源なのかもしれませんね。うちのロミはエゾ鹿の骨をおやつとしてあげてます。骨が大きくてリアル過ぎますが、ロミにはぴったりのお気に入りのおやつです。

フードもおやつも鹿肉のものが出ておりますので是非トライなさってみるのもよろしいかと思います。

この記事を書いた人
菊地あゆみ

クッキングスペシャリスト。 毎日の食事、きっと一生続ける事、できることならより楽しく面白く、鼻唄まじりぐらいで 作るのが丁度良い。食べてもらう人がいるから作る喜びが生まれる。 若い時には考えもしなかった、勝負服より勝負料理! そんな思いを少しでも皆様にお届け出来たら嬉しく思います♥