散歩中、犬が草を食べても大丈夫??

ChihiroChihiro
このエントリーをはてなブックマークに追加

猫だけでなく、犬でも見かける、「草を食べる行動」。
どうして食べてしまうのか?飼い主として知っておきたいことをまとめました。


目次

なぜ犬は草を食べるの?

猫によく見かける「草を食べる」行動は、犬でも時折見られます。
草を食べる理由としては主に2つあります。

「好きで食べている」場合と「胸焼けを解消するために食べている」場合があります。

好きで食べている場合

本来、肉食獣の胃腸は植物質を消化できません。
犬は雑食ではありますが、肉食寄りなので草もあまり消化できていないと考えていいでしょう。
安全な草を食べるだけならいいのですが、ワンちゃんが強烈に草を食べたがっている場合は与えない方が無難です。

胸焼けを解消するために食べている場合

自然界では、獲物として主に小動物が対象ですが、毛皮など消化しづらいものは、胃に溜まってしまう可能性があります。

一気に嘔吐して外に出せればいいのですが、時に出てこないことも。
そのような時に犬は消化に悪い草をわざと食べ、胸焼けを増幅させて吐くのです。

昔とは違い、現在では人間に飼われて決まったごはんをもらっている犬がほとんどですので、もし草を食べるということは、胃炎や胃内異物など、何かトラブルを抱えている場合があります。

つまり、草を食べる行動は、そのトラブルを解決しようとしているサインの可能性があるんです。

間違って食べてしまった異物を草と一緒に吐くこともあれば、草だけを繰り返し食べては吐くこともあります。

回数が多いとき、または同時に食欲不振や下痢など、他に異常な症状がみられるようであれば病院で早めに検査をするのがいいでしょう。

胸焼けを起こす病気は多く、ちょっとした胃炎だと思っていたら実はマイナーな重症疾患にかかっていることもあるので、油断禁物です!

散歩中、気をつけたいこと

草は何を食べてもいいわけではありません。
ワンちゃんとの相性が悪ければ毒のない草でも胃腸を傷めてしまう可能性も。
ただ、その辺に生えている雑草の品種が安全かどうか調べるわけにもいきません・・・
ですので、不用意に道端の草を食べてしまうワンちゃんは、草むらに入れさせないことです。

また、住宅地や市街地だと除草剤がまかれていることがあります。
まかれた直後は、除草剤は目に見えないので危険です。

以前スタッフの誰かが言っていたのですが、ドッグランの芝生に除草剤をまいているのを見かけたそうです。
そのような管理をしているオーナーさんがいると思うとゾッとしますね・・・

散歩後、急な不調を訴えることがないかなど、しっかり飼い主としてワンちゃんを観察してあげてくださいね。

この記事を書いた人
Chihiro

DOGPAD編集部(兼YouTuber?)インターンを卒業後正式にDOGPADのスタッフに♪愛犬はキャバリアのココアくん。趣味は旅行とダイビング。人とワンちゃんとの暮らしをより豊かにするため、皆さまに情報をお届けします(*^^*)