愛犬と一緒に船旅に出てみよう

SORASORA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんを飼われている旅好きな方であれば、旅行に行くときには出来る限り一緒にワンちゃんを連れて行きたいと思う方が多いと思います。
しかーし!一緒に旅行へ行こうと思うと、やはり車や電車で行ける範囲になりがち。
でもでも、やっぱりワンちゃんと何処へでも一緒に行きたい!
そんな方のために、今回はさらに行動範囲を広げるために、ワンちゃんと一緒に乗る、船の乗り方をご紹介したいと思います。


目次

こんにちワン!
旅するワンちゃんハンターSORAです。
気温がグングンとさがり、朝夕は大分肌寒くなってきましたね。
ただ、日中はとても過ごしやすい気温で、絶好の行楽シーズンがやって参りました!

皆さん、お出かけしてますか〜?

ワンちゃんと一緒に旅をする移動手段として、前回は飛行機を紹介させて頂きました。
●ワンちゃんと一緒に国内線に乗ってみよう

●ワンちゃんと一緒に国際線に乗ってみよう

アレから、飛行機乗られた方はいらっしゃいますでしょうか?!
ぜひ皆さんの参考になってると嬉しいですね♪

さてさて今回は、飛行機に続いてと言う事で、「船旅」をご紹介したいと思います!

「船旅」といっても、小型船から大型の豪華客船まで幅広くありますが、今回はちょうど中間くらいになる国内フェリー(長距離)の乗船についてご紹介したいと思います。
車でビューンといって、そのまま船に乗り込んで現地でも車で移動出来るフェリー。とっても便利ですよね♪

少し前までは、ワンちゃんを一緒に載せる事がなかなか出来なかったみたいなのですが、ココ最近になって同乗が可能になってきている船が増えている様です♪

国内の長距離フェリー

そもそも、国内にフェリーってどのくらいあるの?
って話ですが、2017年現在、長距離フェリーと呼ばれるフェリーは北海道から九州まで14航路で運航しているそうです。(プラス沖縄線が何航路かあります)

首都圏は、東京から徳島経由北九州と茨城県大洗から北海道に向けた2航路、名古屋からは仙台経由苫小牧東までの1航路、大阪・神戸からは九州方面に7航路。日本海側には舞鶴、敦賀、新潟、秋田、小樽を結ぶ航路が4航路になります。

フェリー乗船時の犬の扱いについて

まず、フェリーでのワンちゃんの扱いになりますが、大きく4つに分かれます。

⒈車内残留

部屋等には連れて行けず、駐車した車内に残留になります。ただ、乗船中は車に行けないフェリーがほとんどだと思うので、こちらは出来る限り避けたいところですね。

⒉自分の用意したケージで連れて行く

ケージに入れたまま船室に入れるパターンと、決められた場所にケージを置いておくパターンがあります。船室に入れる場合も、個室なら大丈夫な船もあれば、共有スペースまで同伴OKな船もあります。ただし、残念ながらどちらの場合もワンちゃんをケージの外に出す事は出来ません。

⒊備え付けのケージに入れる(ドッグルーム等)

いわゆる、ペットホテルの様な感じでしょうか。ケージが設置された専用の部屋に預ける事が出来ます。もちろん空調や照明が整備されています。基本的には、小~中型犬サイズまでが主で、ケージに入る事が出来ない大型のワンちゃんは残念ながら乗る事が出来ません。

ただ、持ち込みケージを所定の場所に設置すればOKの船もある様です!

⒋ワンちゃんと一緒に過ごせる部屋

このパターンがワンちゃんにとっても、飼い主さんにとっても間違いなく最高です♪
個室なので料金は少し高めになってしまいますが、ワンちゃんの側にずっといられます。
また、ケージから出して部屋の中で一緒に過ごすことが出来ます。そのままの状態で部屋の外へ出す事は出来ませんが、部屋限定とは言え、ケージから出してあげられるだけで十分ストレス発散になりますね!

こちらをふまえて、下記フェリーを調べてみました。

① シルバーフェリー
② 津軽海峡フェリー
③ 商船三井フェリー
④ フェリーさんふらわあ
⑤ オーシャン東九フェリー
⑥ 太平洋フェリー
⑦ 新日本海フェリー
⑧ 阪九フェリー
⑨ 名門大洋フェリー

シルバーフェリー

公式サイトによると、ワンちゃんは客室に持ち込むことはできず、車内に残留となります。
ただし、「シルバープリンセス」、「シルバーエイト」の1等ペット同伴室か、ペットルームをご利用いただければ小型の犬に限り客室に持ち込むことができるようです。

シルバーフェリー公式サイト

津軽海峡フェリー

【大型犬】

幅52cm x 奥行80cm x 高さ60cmのケージ又は犬用のカートに入り、体重30kgまでの犬
▶︎ペットと一緒に過ごせる、プライベートドッグルームの利用が可能

【小・中型犬】

幅44cm x 奥行61cm x 高さ51cmのケージ又は犬用のカートに入り、体重20kgまでの犬
▶︎犬と一緒に過ごせる、プライベートドッグルームの利用が可能
▶︎ケージが並ぶ、ドッグルームの利用が可能

【その他】

30kg以上の犬を連れた方
▶︎残念ながら、車内に残留になってしまいますので、ご注意ください!

津軽海峡フェリー公式サイト

商船三井フェリー

現行船は、客室内に持ち込む事はできないようです。

商船三井フェリー運航船ご利用の場合、受託手荷物運賃を支払い、ペットルーム利用の念書に署名すればペットルームに預ける事ができます。備え付けのケージ(縦43cm×横60cm×高さ47cm)に限りがあるので必ずお問い合わせをお願いします。ケージに入りきらない大型のワンちゃんの場合、飼い主さんがケージを用意できる場合に限り、預けることができるそう。大型犬の場合も必ず予約必須です。

実は、新造船夕方便の「NEWさんふらわあ さっぽろ」、「NEWさんふらわあ ふらの」では、ペットと一緒に泊まれる客室「スーペリアウィズペット」があり、こちらでは素敵な部屋でワンちゃんと一緒に旅をする事が可能なんだそう!
なんと、こちらはドッグランもあるようです♪

商船三井フェリー公式サイト
http://www.sunflower.co.jp/ferry/qa/other/index.shtml#p03
http://www.sunflower.co.jp/ferry/facilities/newtwilight/public.shtml#pet
http://www.sunflower.co.jp/ferry/facilities/newtwilight/cabin.shtml#pet

フェリーさんふらわあ

フェリーさんふらわあでは、神戸〜大分、大阪〜別府、大阪〜志布志(鹿児島)を運行しています。

その内、神戸〜大分間の航路のフェリーには、「ウィズペットルーム」というペットと同室できる部屋が用意されています。また、専用のケージが用意された「ペットルーム」にてペットを預かってもらうことも可能なんだとか!
ペットルームに関しては、神戸〜大分間以外にも大阪〜別府間や大阪〜志布志(鹿児島)間の航路を運行している船にも設置されているようです。

フェリーさんふらわあ公式サイト

オーシャン東九フェリー

ペットケージが用意されているそうです。
数に限りがあるようなので、予約必須です!
ペットケージ数:12個 高さ55cm×横55cm×奥行き90cm

オーシャン東九フェリー公式サイト

太平洋フェリー

太平洋フェリー船内には、ドッグハウス(中・小型犬専用の簡易保管施設/冷暖房、照明付き)があります。

残念ながら、ドッグハウスに入らない大型犬や、犬以外のペットは車両残留になってしまうそうです・・・

太平洋フェリー公式サイト

新日本海フェリー

船内ペットスペースにケージが用意されています。ケージの数に限りがあるので予約必須です。
ケージの大きさは高:67×幅:57×奥:90(cm)。
ケージに入らない大型のペット等は預けられないようです。
航海中、車を止めている車両甲板は立入禁止となるため、ワンちゃんを車両に残留させるのも出来ません。車両甲板は排気熱等で高温になる可能性があり、熱中症などの恐れがありますのでご注意くださいね。

新日本海フェリー公式サイト

阪九フェリー

船名「やまと」「つくし」「フェリーせっつ」「フェリーすおう」のペットルームに乗船できます。また、ケージサイズに収まらないワンちゃんは利用できないようです。ケージサイズをご確認の上、利用してみてはいかがでしょうか。また、利用の際は予約必須となります。

阪九フェリー公式サイト

名門大洋フェリー

ペットルームの設備は無く、船内へのペット類のお持ち込みは出来ないそうです。

ですが、乗用車でご乗船の飼い主さんのみ、車両甲板に止め置く車の中にペットを残して、乗船可能だそう。航海中は、保安上車両甲板への立ち入りが禁止されます。ご飯をあげたりトイレをさせるために外に出したり出来ないのでご注意くださいね!

名門大洋フェリー公式サイト

ワンちゃんと乗船する際の注意事項

ワンちゃんとの乗船の際には、ほとんどのフェリーにて「ペット同伴のご乗船に関する誓約書へのご記入・ご提出」が必要になります。
また、フェリーによっては、乗船中に給仕が出来なかったりもあるので、体調管理等にも十分気を付けてあげて下さい。
また、他の乗船されているお客様への配慮もお忘れなく。
人と犬の安全、ケガや病気への対応など、ワンちゃんへの配慮が必要です。

ただ、こうしたサービスが増えてくるのはとても嬉しい事ですよね♪
好きな場所へ、ワンちゃんと一緒に旅の計画が立てられるのは、本当に嬉しい事です!

皆さんも、ぜひ良い旅を♪
WAN VOYAGE〜!

この記事を書いた人
SORA

レッドのトイプードル「TRINY」と共に、2016年に東京から福岡に移住してきました。 近所の大濠公園を中心に、TRINYと共に旅へ出かけては、絶景をバックに写真を撮ることを楽しんでいます♪