【第7回】松島雅美さん/Je respire株式会社代表取締役 臨床心理士

Bowwow父さんBowwow父さん
このエントリーをはてなブックマークに追加

エグゼクティブいいともは、ワンちゃん大好きなエクゼクティブのオフィス&お宅を訪問して、いろんなお話をレポートします!


目次

日本で初めて「目とメンタルを同時に鍛えるアイパフォーマンスメソッド」を構築し、メンタルビジョントレーニングを展開しているJe respire株式会社。
松島雅美さんが代表を務めるこの会社は、心理学をより実践的に活用してもらうためのコンテンツを提供しています。

これだけだと何が何だかわからないと思いますが、これまで「メンタル=気持ちのもちよう」や、「メンタルの不調=弱い人間は恥ずかしいこと」と捉えられていたメンタルに対する誤解や常識をくつがえすメンタルトレーニングを提唱しているのです。
目は、実は脳に直結していて、目のはたらきをトレーニングすることで脳の情報処理機能が飛躍的に改善されます。

目をトレーニングし、的確な判断力を身に付けることでメンタルコントロールの機能をアップするという、まさに「目からウロコ」のトレーニングメソッドなのです。
この新しいトレーニング方法でメンタルヘルス不全に苦しむ人たちだけではなく、子どもたちからシニアまで幅広くサポートしている松島さんと親子のような関係のトスカちゃんを訪ねました。

どんなお仕事内容ですか?

松島さんに現在のお仕事のようすをうかがってみました。

「視覚機能の向上を図るための『ビジョントレーニング』そして心理学のデータ科学を用いて感情のコントロール力を高める『メンタルトレーニング』。両者を組み合わせた独自のトレーニング方法で、メンタルという言葉のネガティブなイメージを変え、生活や仕事をより満足度の高いものにするためのお手伝いをしています。」

例えばメンタルビジョントレーニングでは、

「 最初に眼のチェックを行い、眼の機能の偏りとメンタルの弱点などを洗い出します。それらを踏まえた上で瞬間的な判断力や集中力・ボディバランスを養うトレーニングなどと同時に、脳の状態を整えるためのレクチャーを行い、緊張した状況下でも的確な判断が可能となるよう導きます。問題を解決するためには、まず自分の抱えている問題を言語化することが大切ですね。」

松島さんは、臨床心理士として前回ご紹介した一般社団法人リファイン就労支援センターでのカウンセリングや企業や商工会議所、学校での講演などで忙しい日々を送っています。
意外なところでは、スポーツ選手のトレーニングも行っているのだとか。

松島さんの著書「眼球体操」イラストいっぱいでとてもわかりやすい本です

どうして会社を立ち上げたのですか?

「学生時代京都に住んでいた時に、阪神淡路大震災が起こりました。すぐにボランティアに参加し、被災者の心のケアを目的とする《こころのケアセンター》が設立されてからは、そこでの勤務の中で日々被災地をまわり、メンタルケアに対するネガティブなイメージが強いために初期対応が遅れることを痛感しました。その誤解を解いていくためには、自分自身がもっと幅広い知見や視点を身に付ける必要を感じ、その後営業職などさまざまな経験を積みました。」

ということでさらに幅広くキャリアを積み、現在のJe respire株式会社を2013年に設立しました。

カウンセリングや講演などで忙しい日々を送る松島さん

仕事を通じてやろうとしていることは?

「日本では、『メンタル』という言葉がネガティブにとらえられがちです。一生体調を崩さないと断言する人はあまりいませんが、自分はメンタルを悪くすることはないという人はたくさんいます。でも、身体もメンタルも脳が司っているので、メンタルも身体と一連の機能のひとつとして理解してほしい。まずはメンタルに対する誤解を解いて、心身の健康のために心理学を活用してもらいたい。そのためのひとつの方法として、情報の8割を取り入れる目のはたらきを良くして、メンタルコントロールの機能を上げていくメンタルビジョントレーニングを普及しています。

『メンタルコントロールは情報処理』、この考えに基づく多くのインストラクターをもっともっと育てたいと思います。」

と語ってくれました。


メンタルビジョントレーニングのテキストとトレーニングシーン

トスカちゃんとの生活は?

トレーニングに講演にと忙しい毎日の松島さん。そんな松島さんをいやしてくれるのがトスカちゃん。9歳になるトイプードルの女の子です。
そう、松島さんとは親子のような関係なのです♪

「行きつけの美容院でご紹介いただいたブリーダーさんから譲っていただきました。食べるものに好き嫌いがなく、丈夫な子です。1年目はあまり食べなかったのですが、『オリジン』というドッグフードにしてからよく食べるようになりました。キャベツやニンジン、キュウリなどの生野菜も大好きなんですよ。」

人好きで、自分も人間だと思っているトスカちゃん♪

ノンビリ、おっとりのトスカちゃん

トレーニングに講演に忙しく、留守にすることも多い松島さん。そんなときにもトスカちゃんはドッグサークルの中でおとなしく留守番をしているそうです。

「とてもおっとりしている子で、雷や花火にも騒ぎませんし、地震にも驚きません。とっても散歩が好きで、他のワンちゃんと出会ってもすぐに仲良しになります^^」

と話してくれました。
とてもほほ笑ましい親子でした!

トスカちゃんと一緒にいるとストレスも発散してしまいます♪

取材にご協力いただいた会社

Je respire株式会社
〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-12 東京ビュック中銀1509
http://mental-vt.com

この記事を書いた人
Bowwow父さん
Bowwow父さん

父親の立場から、犬の気持ちになって、犬の食と健康に役立つ情報を取材するライター。我が子のために日夜ドックフードを食べ続け、ベストなフードを探しています。