知っておいてほしい、犬の花火恐怖症の対策方法

ChihiroChihiro
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しい夏の風物詩のひとつといえる「花火大会」のシーズンが、今年もやってきました♪この時期は、花火大会や、近所で打ち上げ花火をしたりしている音が外からよく聞こえます。私たち人間にとっては楽しみなイベント。花火の音が全く平気なワンちゃんもいますが、見ていて可哀想なくらい恐がるワンちゃんもいらっしゃいます。
そんなワンちゃんに、私たちはどうしてあげればいいのでしょうか?


目次

花火大会には連れて行かない

よく小さいワンちゃんをだっこして、花火大会会場に連れて来ている人がいます。もちろん中型犬や大型犬も見かけますが、ずっと会場にいるのは見たことがありません。

ワンちゃんも家族なのだから一緒に。という気持ちはもちろんわかりますが、実はワンちゃんにとって、花火の音は大きなストレスとなっているかもしれません。

また、爆音と一緒にぱっと光る花火を見てパニックになり、勢いで飛び出し迷子になってしまう可能性も。

お宅のワンちゃんは、花火の音や雷に対して普段どのように反応していますか?
様子をきちんと観察してあげましょう。

花火の音を怖がるのはなぜ?

ワンちゃんが花火を怖いと感じる原因として一番にあげられるのが「音」です。

本能的にも動物は大きな音を嫌います。中でも聴力が優れている犬は特にその傾向が高いのです。

~犬の聴力~
なんと人間の約400倍遠くの音を聞き取ることが可能!
特に高い音に関しては、人間の4~5倍の高さの音域まで聞くことができるのだとか。

 

ふむふむ。
それだけ耳の良いワンちゃんからすると花火の打ちあがる音は体にも負担がありそうです。さらに、その音の正体がわからないからなおさらパニック。

ヒュ~~~~~・・・・ドーン!!!

「なに?!何の音?うるさい!こわい!逃げなきゃ~!泣」
なんて声が聞こえてきそうです。
ワンちゃんからすると優雅に花火をながめている私たちが不思議に思えそうですね。笑

さて、このように自分の愛犬が花火を怖がった時、どう対処してあげればよいのでしょうか?

花火恐怖症の対策方法

人も動物も、お母さんに抱っこされるととても安心する生き物。
小型犬ならば、ワンちゃんが怯えていたらだっこをして、優しい言葉をかけてあげながら会場を離れていくのがよいでしょう。
それでも落ち着かないのであれば、帰宅するか、会場から出て花火は見えるけれど音が小さい場所を探して楽しみましょう。

また、中型犬、大型犬の場合はだっことはいきませんね。
やさしくワンちゃんを自分の体で包み込み、安心させてあげてください。
ぎゅっとされることで恐怖を和らげます。
「だいじょうぶだよ、こわくないよ」と優しく声をかけてあげましょう。

そして注意したいのは音に驚いた勢いで人ごみの中へ駈け出してしまうこと。
室内だとしても、外へ駈け出していくこともあります。
しっかり飼い主さんの側から離れないようリードをしっかりつかんだり、花火大会の日はしっかり窓や扉をしめておいたりと工夫が必要です。

また、しつけと同じように花火や雷の音が鳴ったらおやつやご褒美をあげてあげましょう。

花火の音が聞こえる=いいことがある(おやつがもらえる)

という認識になります。

普段から十分にスキンシップをとり信頼関係を深めてあげることが一番大切です♪

うちのココアくんも、若いころはよく花火の音に怯えながら吠えていました。なるべく傍にいてなでてあげると少し落ち着いていたような気がします。

最近はすっかり耳が遠くなって、まったく反応しなくなりましたが・・・。

その点は年をとってよかったなと思ったり。

何はともあれ、ワンちゃんの聴力を理解し、おびえているワンちゃんに対してしっかりケアしてあげるのが飼い主としての務めですね。

この記事を書いた人
Chihiro

DOGPAD編集部(兼YouTuber?)インターンを卒業後正式にDOGPADのスタッフに♪愛犬はキャバリアのココアくん。趣味は旅行とダイビング。人とワンちゃんとの暮らしをより豊かにするため、皆さまに情報をお届けします(*^^*)