熱中症になってしまったときの対処方法

CHIECHIE
このエントリーをはてなブックマークに追加

30度を超える日も多くなり、いよいよ夏がやってきました。 夏休みに愛犬とお出かけする方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? そんな、暑い時期のお出かけで気を付けたいのが熱中症です。 そこで今回は、気を付けていたけど、 […]


目次

30度を超える日も多くなり、いよいよ夏がやってきました。
夏休みに愛犬とお出かけする方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな、暑い時期のお出かけで気を付けたいのが熱中症です。
そこで今回は、気を付けていたけど、気づいたら少しぐったりしてるかも…とか、熱中症になってしまったかも…というときにするべき応急処置をご紹介します。
夏バテの予防方法はこちらの記事でご紹介しています。是非、合わせてご覧ください。

夏バテにならないために!予防はどうしたらいいの?

熱中症とは

体温が上がると人は汗をかくことで、ワンちゃんは汗ではなく、パンティングというハァハァという呼吸で体温調整をします。

しかし、高温多湿な環境(車内や冷房なしの部屋、屋外など)に長時間いたり、暑い中運動をしたりすることによって、体温が上昇しすぎてしまい、体温調整が追い付かず、体内に熱が溜まってしまいます。そうすると、高体温の状態になってしまい、細胞や臓器の働きが鈍くなり、最悪の場合、亡くなってしまいます。

特に、体毛が黒いわんちゃんは光を吸収し、体温が上がりやすいので注意が必要です。

熱中症の症状

熱中症の症状は人もワンちゃんもほとんど同じですが、人の場合はちょっと気分が悪くなってきたかも…とかくらくらするかも…といった初期症状に気づき、周囲に知らせることができますが、ワンちゃんは喋ることができません。そのため、ちょっとした見た目や行動の変化から初期症状を感じ取ってあげる必要があります。
気づくのが遅れ重症化してしまうケースも少なくないため、暑い時期は特に注意が必要です。

ワンちゃんの初期症状には以下のようなものがあります。

・ボーっとしている
・いつもより荒く、もしくはひたすらパンティングしている
・涼しいところに連れて行ってもパンティングが治まらない
・少しフラフラしている
・元気がないように見える  など

 また、重症化してくると以下のような症状が現れます。

・嘔吐・下痢
・大量のよだれが垂れ流しになる
・食欲不振
・ぐったりしている
・痙攣
・眼振(眼球が左右や上下など不規則に動く)
・意識を失う    など

熱中症は時間との勝負です。
初期症状のうちに対処できれば助かる可能性は非常に高いですが、発見が遅れると重症化してしまい、最悪の場合亡くなってしまう場合もあります。
人がちょっと熱いかも?と思う気温でも、ワンちゃんにとってはすごく暑いと感じていることもあります。いつもと様子が違うかも?熱中症かも?と思ったときは、躊躇せずすぐに動物病院へ連絡しましょう。

熱中症になってしまった時の応急処置の方法

応急処置はとにかく冷やすことが大切です。

1. 直ちに涼しい場所へ移動させます。

【屋外】
木陰や冷房を効かせた車内など。
【室内】
冷房をかけ、部屋の温度を下げてください。
さらに、扇風機があれば、それも当ててあげてください。

2.ワンちゃんの体を冷やします。

【屋外】


氷を袋にいれたものや保冷剤などをタオルにくるんで、ワンちゃんの体に当ててあげましょう。
当てる場所は、大きな血管がある脇や内股の部分を中心に当てましょう。
団扇があれば仰いであげてください。
氷などは、コンビニなどで手に入るかと思いますが、もしすぐ用意できない場合はお水でも何でもいいので、とにかくワンちゃんの体を冷やしてあげましょう。
熱い時期の外出では万が一のために、凍らせたペットボトルや保冷剤、氷などを持ち歩いておくのがオススメ。

【室内】


扇風機の風に当てながら、屋外と同じように保冷材などで冷やしてあげてください。

3. 水(できたら氷水)を飲ませましょう。

体温が上がってしまっているワンちゃんの多くは脱水も起こしていますし、体内から冷やすためにもお水を飲ませてあげることも大切です。

意識がある場合は、なるべく冷たいお水や氷水を飲ませてあげましょう。
ただ、一気に飲みすぎてしまうと嘔吐してしまうことがあるので気を付けましょう。
なかなか自分から飲んでくれないときは、スポーツドリンクなどをほんの少しお水に混ぜてあげてみてください。

意識がはっきりしている状態でパンティングが治まったら、冷却を止めて大丈夫です。

暑い持期のお出かけに持っていると便利な物

暑い時期のお出かけを快適にするために持っていたほうが良いものをいくつかご紹介します。

●電池式の扇風機

自立式のものやケージにかけられるものもあります。
サイズも小さいものから大きいものまであります。

●凍らせたペットボトルや氷、保冷剤など

熱中症になってからではなくても、暑そうにしていた時にサッと冷やしてあげられるのであると便利です。
ワンちゃんの体の大きさに合ったものを選んであげてください。

●冷却マット

アルミやジェルなど様々な素材のものがあります。最近では、百円ショップでも売っているようです。
ワンちゃんがよくいる場所に暑さ対策として敷いといてあげると良いでしょう。

●氷水

ワンちゃんも人と同じように暑い時は冷たいお水が飲みたくなりますし、体内から冷やしてあげることもできるので、暑い時期は常温のお水よりも氷水を持ち歩いてあげたほうが良いでしょう。
ただし、お腹が弱い子は冷えて下痢をしてしまうこともあるので注意が必要です。

●遮光ネット

キャンプやバーベキューなどでテントやタープを張るときにあると便利です。
遮光ネットをテントやタープ、車などの上にかけて日陰を作るだけでだいぶ涼しくなります。

最後に

飼い主さんもワンちゃんも、楽しいお出かけの時に熱中症で辛い思いをしないためには暑さ対策がとても大切です。
全身を体毛に覆われていて、体高も低いワンちゃんは人よりも暑さに弱いです。
暑い時期のお出かけでは、暑さ対策グッズをもっていってあげましょう。
また、万が一、熱中症のような症状が見られたら、すぐに動物病院へ連絡し、応急処置をしてあげましょう。

この記事を書いた人
CHIE

芸能事務所YScompany所属。 愛犬は、ボーダー・コリーの大左右衛門(11歳)と宇多右衛門(6歳)です。 動物看護士とペット栄養管理士の資格を保有しています。 趣味はディスクドッグ(犬と行うフリスビー競技)とバスケットボールです。