知っておきたいワンちゃんのアレルギー

ChihiroChihiro
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たち人間は、植物や食物などの様々なアレルギーに日々悩まされています。しかしそれは人間だけの問題ではなく、アレルギーで悩むワンちゃんもいるのです。今は元気でも突然発症することもあるため、飼い主であるあなたがワンちゃんのアレルギーについてきちんと理解しておきましょう。


目次

アレルギーのメカニズム

犬も人間と同様、体内に侵入した異物を排除しようとする免疫力が備わっています。その働きが過剰になると現れるのがアレルギー反応です。

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)として挙げられるのは、以下のようなものです。
・ノミ、ダニ
・食物
・植物の花粉
・細菌
・カビ
・洗剤、シャンプー

特に犬のアレルギーの場合、一番多く挙げられる原因はノミ。

その次に多いのは食物で、ドッグフードの原料に含まれる肉類、乳製品、穀物類など、特定の食材に対してアレルギーを起こしてしまうこともあるそう。

しかし、元気なワンちゃんであれば、これらの原因となるものが体内に侵入しても、速やかに分解されるので体には影響はありません。

体質や遺伝、また特定の物質を過剰摂取した場合にアレルギー症状が現れることが多いのですが、他にもストレスや病気、加齢などから免疫力が低下している場合、異物を無害化する働きが鈍くなるため、アレルギー症状が起こりやすくなることもあります。

 

どのような症状が起こるの?

犬のアレルギー症状は皮膚、消化器、呼吸器などに炎症を引き起こすのが特徴。

なかでも、特に多いのが皮膚アレルギーで、通称アレルギー性皮膚炎と呼ばれます。痒みを伴うので、患部を掻きむしり症状が悪化することも。そして、ひどい場合だとただれを引き起こします。
そのため、アレルギー性皮膚炎は、原因が分かっていても治りにくいのです。

下痢や嘔吐などの症状が見られる場合は、食物アレルギーの可能性も。
特に子犬の場合は直ちに動物病院へ連れていきましょう。

 

アレルギーの対処方法

対処方法としては、ノミやダニが発生しないよう、ソファやカーペットなどのワンちゃんが使うことが多いものは、いつも清潔な状態にしておくなど、基本的にはワンちゃんの周囲からアレルゲンを取り除くことです。

食物アレルギーの場合は食事管理に気をつけましょう。
最近では、アレルゲンとなり得るタンパク質をあらかじめ分解したものや、アレルギー反応を引き起こしづらい食材(魚・米・豚肉・ジャガイモなど)を主原料としているものなど、アレルギーに対応したドッグフードが販売されています。愛犬の体質に合うドッグフードを選びましょう。

ドッグフード成分表示については、こちらの記事を要チェック!
ドッグフード成分表示の見方【前編】
ドッグフード成分表示の見方【後編】

 

また、血液検査でアレルギーの種類を特定することもできるので、なかなか原因が分からないという場合は、試してみてはいかがでしょうか。
ただし、若干信頼性に欠けるので、そのことを事前に理解しておきましょう。

 

 

犬のアレルギーは、いくつもの原因が重なり症状を引き起こしている事があります。
ワンちゃんは言葉を話せないため、人間の場合と比べてアレルギーの原因を特定するのに時間がかかることも。
飼い主であるあなたが愛犬をしっかり観察し、徹底的にアレルゲンを探してあげることで症状を軽減することができるでしょう。

この記事を書いた人
Chihiro

DOGPAD編集部(兼YouTuber?)インターンを卒業後正式にDOGPADのスタッフに♪愛犬はキャバリアのココアくん。趣味は旅行とダイビング。人とワンちゃんとの暮らしをより豊かにするため、皆さまに情報をお届けします(*^^*)