ワンちゃんの肥満について

CHIECHIE
このエントリーをはてなブックマークに追加

太ってしまったワンちゃんも、コロコロしていて可愛らしいのですが、太っていることで様々なリスクを伴います。
今回は、そんなワンちゃんの肥満についてご紹介したいと思います。


目次

肥満の原因

ワンちゃんの肥満の原因は、人間と同じで“食べ過ぎ”と“運動不足”にあります。
摂取カロリーが消費カロリーを上回り、脂肪として体内に蓄積することで太ってしまうのです。

また、避妊・去勢手術をした後は基礎代謝が落ちます。
そのため、与えるごはんの量が手術前と同じだと、消費カロリーが落ちているに、摂取カロリーは変わらないので、手術後に太ってしまうことも。
避妊・去勢手術後はワンちゃんの体重や適正体型(BCS)をこまめにチェックし、ごはんの量を調整してあげる必要があります。

 

どの程度からが肥満?

肥満と言われてもどの程度が肥満なの?と疑問に思った方は、ワンちゃんの体型について《ワンちゃんの適正体型とは?》でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【BCS4】と【BCS5】に当てはまると肥満となります。

また、他にも犬種によって体型は大きく異なるので、お散歩のときなどに愛犬と同じ犬種のワンちゃんと比べてみるのも良いいでしょう。

 

肥満によって高まるリスクと病気

ワンちゃんも人間と同じで太っていると、以下のような病気や怪我などのリスクが高まります。

・糖尿病などの生活習慣病になる。
・関節に負担がかかり、関節炎などの発症リスクが高まる。
・手術が必要な場合に、麻酔がかかりにくく、さめにくい危険な状態になる。
・暑さに弱くなり、夏バテや熱中症などの危険性が高まる。

 

予防が大切

人間と同じでワンちゃんも痩せるのは大変なので、まずは太らないように予防してあげることが大切です。
体重や体型をこまめにチェックしたり、適度な運動をさせてあげましょう。

特に、成長期の肥満は要注意です。
通常、肥満の状態は脂肪細胞が大きくなるだけですが、成長期の肥満の場合、それに加えて脂肪細胞の数まで増えてしまうので、さらに痩せるのが大変なのです。
そうならないためにも、成長期の段階できちんと肥満予防をしてあげましょう。

 

太ってしまったら…

愛犬が太ってしまったら、頑張ってダイエットさせましょう。

まずは、ごはんの量を見直し。
“カップ1杯”や“スプーン何杯か”などの目分量でごはんを与えている場合は、計量器できちんと量る習慣をつけてください。

どの程度の量を与えればいいの?と疑問に思った方は、《適切なごはんの量とは?》で計算方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

間食を減らす、または無くすことも大切です。
おやつは、クッキーやジャーキーは高カロリーなので、野菜スティックなどの低カロリーなものにしてあげましょう。

また、頭を使いながらゆっくり食べることで満腹感が得られので、フードボウルを凹凸のあるものに変えるのもダイエットに効果的です。

次に運動量を増やしてあげましょう。
1日に20~60分程度のお散歩をしてあげてください。
もし、忙しくてお散歩の時間が取れない場合、お家でボール遊びなどでもOKです。

運動をするときは、ワンちゃんが関節を痛めないよう、充分に気をつけましょう。
いきなり激しい運動はせず、徐々に運動量を増やしていくのがポイント。

これからの季節はプールで水遊びなどもおすすめです。陸の運動に比べて、浮力があるので関節に負担をかけず、さらに水の抵抗によって運動量が増えます。

 

最後に

ワンちゃんも人間と同じで、太ってしまうと病気や怪我のリスクが高くなる、という内容でご紹介しましたが、大切な愛犬が長生きできるよう、“適量のごはん”“適度な運動”を心がけ、健康的な体型【BCS3】をキープできるように頑張りましょう!

 

この記事を書いた人
CHIE
CHIE

芸能事務所YScompany所属。 愛犬は、ボーダー・コリーの大左右衛門(11歳)と宇多右衛門(6歳)です。 動物看護士とペット栄養管理士の資格を保有しています。 趣味はディスクドッグ(犬と行うフリスビー競技)とバスケットボールです。