ワンちゃんが観葉植物を食べてしまった…!そんな時、どうすればいい?

立木知世Chihiro
このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアとして人気の高い観葉植物。グリーンがあるだけで、お部屋が爽やかな空間になりますよね。しかし、人間には癒しを与えてくれる観葉植物が、ワンちゃんにとっては危険な存在になることも。そこで今回は、ワンちゃんとの生活の中で、観葉植物をお部屋に置く場合の安全対策についてご紹介します。


ワンちゃんにとって危険な植物・安全な植物

犬が「ねぎ・玉ねぎ・ニラ」などのネギ類の野菜を食べてしまうと中毒症状を引き起こしてしまうということは有名ですが、観葉植物にもネギ類と同じように犬の体にとっては危険な種類がたくさんあります。

犬や猫にとって「危険な植物」と「安全な植物」のリストが、ASPCAの公式サイトに記載されているのですが、なんとワンちゃんに毒性のある植物は約400種もあるのだとか…!

※ASPCAとは…アメリカ動物虐待防止協会(American Society of the Prevention of Cruelty to Animals)。アメリカニューヨーク州を拠点として活動している非営利団体。活動理念として「動物虐待の防止のための効果的な手段を合衆国に提供する」ことを掲げながら様々な活動を行なっています。

 

 

危険度が高い主な観葉植物と草花

■観葉植物
・幸福の木
・緑竹
・デヘンバキア
・アロエ
・カラジウム
・セローム(ヒトデカズラ)
・ナンテン
・フィドルリーフ
・アボカドの葉
・クワズイモ
・スズラン
・ヒイラギ
・ポトス
・スパティフィラム(スパティフィルム)
etc…

 

■草花
・アセビ
・シャクナゲ
・ツツジ
・スズラン
・ワスレグサ
・ユリ
・イチイ
・ジキタリス
・シクラメン
etc…

 

安全とされる主な観葉植物

・バナナ
・アレカヤシ
・テーブルラシ
・パキラ
・ペペロミア類
・シュロチク、カンノンチク
・オリヅルラン
・ピレア
・コリアンダー(パクチー)
・サクララン
・ボストンファン
etc…

 

もしも、ワンちゃんが観葉植物を食べてしまったら…?

ワンちゃんによって個体差もあり、中毒症状のレベルがはっきりとはしていません。

しかし、症状としては以下のような中毒症状が起こるため、様子がおかしいな、と感じたらすぐにかかりつけの動物病院へ連れていきましょう。

■主な中毒症状
・嘔吐する
・口元、唇、舌などに激しい熱と炎症が見られる
・皮膚がかぶれる
・呼吸がおかしい
・よだれが多く出る

ネット上には様々な情報があり、応急処置の方法も見かけます。
しかし、犬種によって対処は異なります。誤った応急処置をすれば危険な場合もあるので、ワンちゃんのためにもまずは獣医師に相談しましょう。

 

いたずらされない観葉植物の置き方

家にある観葉植物が安全なものだとしても、ワンちゃんに食べられてしまったり、土を掘られて家の中が汚れてしまったりと、いたずらで泣く泣く観葉植物を諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、鮮やかなグリーンでお部屋がパッと明るい印象にもなり、光合成により二酸化酸素を吸収して酸素を供給してくれるので、できることなら観葉植物を置くのを諦めたくないですよね。

 

実は、置き方に以下のような工夫をすれば大丈夫なんです!

■観葉植物の置き方の工夫
・天井から吊るす
・鉢にカバーをする
・壁に掛ける
・棚などのワンちゃんが届かない位置に置く

 

 

だんだんと日が長くなり、気温も少しづつ暖かくなってきました。そろそろ始まる春の新生活を機に、観葉植物でも飾ろうかな?と考えている方もいるのではないでしょうか?

また、観葉植物は冬でも楽しめるので、すでにお部屋に飾っていたり。

いずれにしてもぜひこの記事を、ワンちゃんにやさしいお部屋づくりの参考にしてみてくださいね♪

 

この記事を書いた人
立木知世
Chihiro

インターンとしてドッグパッド編集局に参加させていただきました! 我が家の愛犬はキャバリアのココア君。趣味は旅行とダイビング。今は色々なことに挑戦中です!!