ディスクドッグ大会に参加!

CHIECHIE
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん「ディスクドッグ」というものはご存知ですか?
私は以前、愛犬と一緒にディスクドッグの大会に出場するほど“どハマり”しており、このディスクドッグの楽しさをもっとたくさんの愛犬家のみなさんにも知ってもらいたーい!ということで、4年ぶりに大会にチャレンジしてきました!
今回参加したのは、NDA主催の埼玉県・秋ヶ瀬公園で開催された大会で、その様子をたっぷりとご紹介しちゃいましょう!


目次

ディスクドッグって何?

まずは「ディスクドッグ」とは何のことか分かりますか?

ディスクドッグとは、人間が投げたフリスビー(←これがディスクと呼ばれます)をワンちゃんが追いかけ、空中でキャッチすることにより得られるポイントを競うドッグスポーツです。

必要なものは、ディスクと広めの芝生だけ。誰でも簡単に始められるので、実はすごく身近なんですよ。

また、大会はランクごとにクラス分けされていて、ワンちゃんの大きさや・年齢、飼い主さんのディスクを投げる技術などに合わせて選ぶことができ、老若男女・犬種問わず、どんな方やワンちゃんでも楽しめるんです!

 

NDAについて

今回、私が参加したのはNDA主催の埼玉県・秋ヶ瀬公園で開催された大会

ディスクドッグ大会の主催団体はいくつかありますが、NDA(ナショナルディスクドッグアソシエーション)はそのうちの1つです。

「ワンDAY!犬と遊ぶ休日」をスローガンとしている団体で、大会に参加しているみなさんはとても友好的で温かく、そして全力でディスクドッグを楽しんでいるんです。

その他にも、ワンちゃんのしつけ方・接し方などの指導や、動物愛護の精神向上などの活動にも取り組んでいます。

 

約4年ぶりに参加!・・・結果は?

大会当日。

まずAM7:00に受付開始。

受付をするとこんなプログラムとディスクが貰えます。ちなみに今年で15周年を迎えるそうで、今シーズンのディスクデザインは少し豪華!

 

開会式が始まるまでコートが解放されるので、ディスクを投げる練習ができます。
練習している人たちが奥に小さーく写ってますね!

 

AM8:00、開会式がスタート。

少しだけお時間を頂戴してご挨拶させていただきました。
緊張でガチガチ(笑)

奥に写っている青い服の方が、この団体のコミッショナー大塚裕さんで、その後ろがスタッフの方です。

 

開会式が終わると、いよいよお待ちかねのゲームスタート!

 

ゲームは、各クラスごとに行われます。

1ラウンドを1分間として2ラウンド行い、ワンちゃんがディスクをキャッチして得たポイントの合計点で、順位を競います。

そして1・2ラウンドの合計点が高かったチームは、さらに決勝戦に進むことができるんですよ!

私は、レディースクラスとベテランズクラスに参加しました!
まずは、レディースクラス。
投げ手の飼い主さんが女性限定で中級~上級のクラスです。一緒に参加したのは宇多右衛門(うたえもん)!

ゲーム中はBGMが流れ、MCの方が盛り上げてくれます!宇多くん、やる気満々!!

 

しかし4年というブランクは大きく・・・
ディスクをうまくコントロールして投げられず、残念ながら以前のようなプレイはできませんでした(涙)

 

でも、宇多くんが頑張ってキャッチしてくれたおかげで1ラウンド目は1投、2ラウンド目は2投キャッチすることができましたよー!

 

続いてはベテランズクラス。
ワンちゃんの年齢が8歳以上のクラスです。ワンちゃんの体調や体力を考慮し、このクラスは1ラウンドのみ。
一緒に参加したのは11歳の大左右衛門(だいざえもん)!
ゆったりと楽しく、ほのぼのとした雰囲気の中、ゲームが行われました。

 

現役の頃はバリバリに活躍してくれた大左右衛門。
11歳ということで走るスピードはゆっくりでしたが、気持ちは若い頃と変わらずに全力で楽しんでくれていました!

 

ドッグパッド編集部スタッフのCHANと、チワワのなっちちゃんはチャレンジゲームに参加!
このチャレンジゲームは、投げるものは何でもOK。そしてキャッチできなくてもポイントが獲得できちゃうんです。
「ディスクが投げられなーい!」という方でも安心して参加できますね。
もちろんディスクを投げてもOKですよ!

 

今回、私たちが参加したのはレディースクラス・ベテランズクラス・チャレンジゲームの3種類ですが、他にも上級者向けのNDAで一番レベルの高いスーパークラスや、小型犬向けのドギーズクラス、ディスク初心者向けのプレジャークラスキッズクラスなど、たくさんのクラスがあります!

キッズクラスはコートの中に投げ手の飼い主さんが何人入ってもOKなので、家族全員で楽しめちゃいますよ♪

 

 

最後に・・・

久しぶりのドッグディスク大会に参加し、ゲームの成績は残念な結果となってしまいましたが、時間を忘れて愛犬と思いっきり遊べて大満足!

今回の体験で、宇多右衛門と大左右衛門の、キラキラいきいきした姿を見ることができ、あっという間に1日が終わってしまうくらい、とても幸せで楽しい時間を過ごすことができました♪

 

この大会には中学の頃から参加していて、久々の参加だった今回でも懐かしい仲間がたくさん参加していたんです。

みんな「ちえちゃん、久しぶり~!」と声をかけてきてくれて、とても嬉しく温かい気持ちにもなりました!

みなさんもぜひ、ディスクドッグにチャレンジして愛犬と楽しい休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

NDA(ナショナルディスクドッグアソシエーション)
http://www.discdog.co.jp/

 

この記事を書いた人
CHIE
CHIE

芸能事務所YScompany所属。 愛犬は、ボーダー・コリーの大左右衛門(11歳)と宇多右衛門(6歳)です。 動物看護士とペット栄養管理士の資格を保有しています。 趣味はディスクドッグ(犬と行うフリスビー競技)とバスケットボールです。