獣医さんに聞いてみた!~なぎの木動物病院 内田先生~

ドッグパッド編集部ドッグパッド編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッグパッドファミリーの、うみえ&なっちがいつもお世話になっている「なぎの木動物病院」の内田先生にオススメの病院の選び方、ワンちゃんとの暮らし方などお話を伺ってきました!


目次

獣医さんに聞いてみた!

友だちにきいたり、本やネットで調べたり、ワンちゃんに関することでわからないこと、知らないことはいっぱいありますよね。
そんなときに頼りになるのがドクター(獣医師)!!

あなたの疑問、難問から珍問にまでお答えします。
回答してくださるドクターは、「なぎの木どうぶつ病院」(埼玉県越谷市の「蒲生」駅前)の内田正紀院長です。

Q.獣医さんの役割を教えてください

A.もちろんワンちゃんなど、ペットの病気を診察・治療します。
それと、動物に関する疑問や相談など、飼い主さんが困っている事、気になってる事を伺って、アドバイスをします。

ペットと飼い主さんの健康で楽しい暮らしのお手伝いをしています。

Q.獣医さんとの上手な付き合い方は?

A.病気のときだけでなく、日頃から困ったことがあったら遠慮なく相談してください。
人間にも主治医が必要ですが、言葉をしゃべれないワンちゃんにはそれ以上に、日頃からよく理解してくれている主治医が必要なのです。普段からコミュニケーションを密にして、ホームドクターとして付き合うことをお勧めします。

Q.好い獣医さんの見つけ方は?

A.先にも話ましたが「診察」、「治療」だけでなく、困っている事や不安な事をに親身に相談に乗ってくれるドクターを選ぶとよいでしょう。
なるべくすぐに相談に行ける家の近くで、ホームドクターになってくださる先生を探すのがよいでしょう。
お友達の評判を参考にしたり、ホームページをチェックするのもオススメです。

Q.ワンちゃんと健康で楽しく暮らすためのアドバイスを

A.あまり先入観にしばられずに、飼い主さんの経済状況などを考え、柔軟に対処することをお勧めします。
最近は、プライマリーケアといって、病気になる前の日頃からの予防を重視するようになってきています。
特にワンちゃんは言葉で症状などを伝えられないので、飼い主さんが良くワンちゃんとコミュニケーションをとり、ワンちゃんの様子を日頃からよく観ておかしなところがないか確かめておくと好いでしょう。

取材にご協力いただいた病院

なぎの木動物病院

埼玉県越谷市蒲生茜町18-20
TEL:048-987-5585
http://www.naginoki-animalhospital.com

この記事を書いた人
ドッグパッド編集部
ドッグパッド編集部

ワンちゃんとの楽しい生活に役立つ独自の情報を取材し、配信するエディター集団です。皆さまが普段「あるといいな」と感じていること、「こんな工夫は楽しいよ」と知らせたいこと、疑問、質問、困りごとなど、どしどしお寄せください。