ワンちゃんのリンパマッサージ講座体験

CHANCHAN
このエントリーをはてなブックマークに追加

チワワのモニター犬の片割れ「なっち」を連れて、ワンちゃんのためのリンパマッサージ講座を受講してきました!   ドッグマッサージとは? 今回はうみちゃんはお留守番です♪   最近では西洋医学と合わせて、 […]


目次

チワワのモニター犬の片割れ「なっち」を連れて、ワンちゃんのためのリンパマッサージ講座を受講してきました!

 

ドッグマッサージとは?

今回はうみちゃんはお留守番です♪

 

最近では西洋医学と合わせて、副作用の少ない鍼灸や漢方薬、マッサージ、アロマテラピー、ホメオパシー、パッチフラワー、サプリメントなどの代替療法が注目されているそうです。マッサージはその中でも、健康の維持、病気予防、病気の早期発見をすることができます。

いつも撫でている場所はなぜワンちゃんにとって気持ちが良いのか…体のしくみを理解すると、ワンちゃんの異変にいちはやく気づくことができるだけでなく、スキンシップによってワンちゃんとの絆も深まります✨

そこで!!実際にドッグマッサージとはどんなものなのかを知るために、チワワのモニター犬の片割れ「なっち」を連れて、ドッグマッサージ講座を受講してきました。さすがに人間の手は2本しかないので、2頭一緒に受講はできませんでした。。
うみちゃんは家でいい子にお留守番です✨笑

 

鎖骨とリンパについて

今回ワンちゃんのリンパマッサージ講座で教えてくださったのがアロマるーむAKARIのペットマッサージセラピスト「渡辺明子先生」。
社団法人日本ペットマッサージ協会のテキストを使ってお勉強しました✨

まずは座学から。
人体模型ならぬ、ワン体模型?笑

ワンちゃんの模型を見ながら、ワンちゃんには鎖骨がないことを勉強しました。人間は鎖骨がリンパの最終出口と言われているそうですが、鎖骨のないワンちゃんたちにとってのリンパの最終出口は「左肩甲骨前縁」。ちょっと難しい名前なのでわかりづらいのですが、ワンちゃんを正面に見た右胸あたりになります。(ワンちゃんから見て左胸)

リンパは、老廃物を血液の代わりに運搬しています。リンパ液は血液のように自分では流れてくれません。外部からの刺激がないと流れないため、ワンちゃんのリンパマッサージにおいて必要なテクニックは
1、さする
2、たたく
3、もむ
4、おす
この4つだそうです。(触れる程度の弱い力でOK)

 

 

リンパマッサージの効果

リンパマッサージには主に6つの効果があります。
1、免疫を高める(病気にかかりにくい体を作る)
2、疲労快復(老廃物を体外に排出)
3、コリの解消(コリの原因となる乳酸を運び出す)
4、スリミング効果(むくみ解消、太ったワンちゃんにオススメ!!)
5、肌力を高める(排出機能を高め、肌のトラブルを解消)
6、ストレス解消(緊張した神経をおだやかに)

聞いてるだけで自分が受けたくなっちゃうようなマッサージですよね✨笑

しかし、リンパマッサージをするにあたり気をつけることもまず最初に学びました。
・怪我をしている、病気になっている部位は絶対にやらないこと
・使命感だけにとらわれて無理矢理やっても意味がないこと
・必ず温かい手で行うこと
・ワンちゃんの表情を確認しながらやること

 

モデル犬りゅうちゃん

では、さっそく実技の講座へ!!

渡辺明子先生の愛犬、ヨークシャーテリアの「りゅうちゃん」にモデルとなってもらい、手技のお勉強に入りました。どのマッサージを始めるにしても、まずはリンパの出口をさすることから始まります。

基本のマッサージから教わり、一通り先生にならってマッサージを終えると「気になるマッサージはありますか?」と先生が聞いてくださったので、とても気になっていたワンちゃんのストレス解消のためのお顔のマッサージも教えてもらいました♪

まゆげのあたりを指でくるくるとマッサージしたり、ほっぺをそーっと引っ張って見たり・・

いつもあまりやらないことをやったので、チワワの小さいお顔のほっぺを引っ張ることにとても抵抗があったのですが、不思議ととても気持ち良さそうな顔するんですよね〜。

そんな中…はい!いただきました✨りゅうちゃん今日イチの気持ちいぃ〜表情!

 

 

とびっきりのスマイル!

毎日触れること

実際に毎日マッサージを行うことで、先生もりゅうちゃんの異変に気付くことができたとおっしゃっていました。ある日、小さいしこりに気づきすぐ病院へ。獣医さんに見てもらったところ、問題ないとのことだったので一安心でしたが、これが気づかず過ごしてしまっていたら..もし.悪性のものだったら…と考えたら怖いですよね。

ワンちゃんたちは話すこともできませんし、私たち人間はワンちゃんとの生活で異変に気付いて対応することもとても大切です。

実は、私も1年ほど前になっちの顎の下にしこりを見つけ、動物病院へ検診に行った時に先生に聞いたことがあるんです。悪いものじゃないといいな..なんだろう…とずっと不安だったので、先生に質問する時もドキドキしていました。

すると、先生にこれは「ヒゲです」と言われ、安堵とちょっとした恥ずかしさがこみ上げて来ました。笑

でも、心配なことはどんどん解決して、ワンちゃんにはいつまでも元気で楽しく生活して欲しいですよね♪
忙しい時はなかなかワンちゃんとゆっくり過ごす時間がないかもしれません。でも、、1日5分だけでも良いのでワンちゃんの体を優しくさすったり、撫でたりほっぺを優しくつまんで見たりして、病気の予防や発見だけでなく、たくさんスキンシップをとってあげてくださいね☆

 

最後に….

今回はマッサージを受けて至福の時を過ごしたなっちちゃん。渡辺先生から、なっちに手作り「甘酒」のプレゼントが✨
米麹+お水でアルコールなしの甘酒が作れるそうです♪

人間には「天然の栄養ドリンク」や「飲む点滴」とも呼ばれるくらい体に良い成分が含まれています。

それはワンちゃんにとっても同じ✨
腸内環境を整えてくれて、お通じが良くなったり、毛並みが良くなったり、元気がなくご飯が食べれないワンちゃんも甘酒を飲んで元気になった!なんていうお話もあるそうで、実はひそかに「甘酒」ブームが起きているそうです♪

米麹とお水で簡単に作れるそうなので、ぜひ皆さんもお試しください♪
近々レシピコーナーでも紹介したいと思います。

〜アロマルームAKARI〜

ワンちゃんのリンパマッサージ講座 テキスト込み¥2,000

この記事を書いた人
CHAN

umie&nacciとのんびり暮らしています♡ 性格はマイペース。 最近はチワワコンビの写真を撮ることにハマっています♪