【第4回】スマートフォンで撮ってみよう

SBTSBT
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今回は一眼レフやコンデジじゃなくてもかわいくワンちゃんを撮りたい!っということで、スマフォでもできるだけキレイに撮影できるポイントをご紹介します。(←私、スマホじゃなくてスマフォと言い続けているので、気にしないでください。)


目次

寒い日が続きますねー
皆様、お元気ですか?
ビール大好き。写真大好き。ワンちゃん大好き。フォトグラファーのSBTです。

前回はスマフォのカメラアプリについてご紹介しました。
読んでいただけましたか?読んでない方は今すぐ読みなさい!笑
【第3回】ワンちゃん撮影おすすめアプリ

さて、今回は一眼レフやコンデジじゃなくてもかわいくワンちゃんを撮りたい!っということで、スマフォでもできるだけキレイに撮影できるポイントをご紹介します。(←私、スマホじゃなくてスマフォと言い続けているので、気にしないでください。)

スマートフォンで撮ってみよう

あなたがお持ちのスマフォはiPhoneでしょうか?Androidでしょうか?
いずれにしても最近は、カメラの性能に優れたスマフォばかりですよね。ほんまにすごい!
私たちが携帯電話を使い始めた頃はカメラ機能すらなかったし、はじめてカメラ付き携帯電話が出回り始めた頃も、その画質は酷いものでした。

しかし、今のスマフォはどうでしょう?どのメーカーのスマフォも、とてもキレイな写真が撮れます。技術の進歩ってすごいな〜。
Instagramでも、キレイな写真をよく見かけます。

スマフォで撮影した写真でも手のひらサイズで見ると、一眼レフで撮影したの?というほどキレイですよね。そんな高性能なスマフォカメラで、いざ撮影!!
日本では66.2%がiPhoneユーザーらしいので、iPhoneの話で進めていきますね〜。Androidの方ごめんなさい!

 

グリッド表示

写真の構図について考えたことはありますか?
写真には美しく見える構図というものがあって、その構図に沿った撮り方をすると良いと言われます。

ただ、プロの写真家ではないので細かいことは気にしなくても大丈夫!
ここでは「カメラが水平に近いか、などの基本的なことを意識してみよう」といった程度でOKです。

iPhoneの「設定」アイコンをクリックして下にスクロールしていくと、「写真とカメラ」という項目があります。そこをタップしてまたまたスクロールしていくと、「グリッド」という項目が!!
これをONにしてください

そうすると、、、、不思議!カメラにグリッド線(簡単に言えば補助線)が表示されるようになります。

水平を意識したり、ワンちゃんをグリッド線の交点に合わせて構図を意識したりして撮影してみると、いつもと違った写真になるかもしれないですよ!Try it!

 

目線の高さを合わせる

上を見上げてこちらを見つめるワンちゃんの写真って、超かわいいですよね〜。
しかし、ワンちゃんと目線の高さを合わせると、より一層かわいく撮れるんです!

私はよく、同じ目線の高さにするために、寝転がって撮影します。

寝転がると「遊んでくれるの?!」と言わんばかりに背中に乗ってきますが、そんな時はインカメラを使って撮影!ほら!(画質悪いな〜インカメラ。レンズも汚かったし、、、)

目線の高さを合わせると距離も近くなっていいですよね〜。

 

ピントを合わせる

風景撮影でも人物撮影でも、意外とみんなやってないのがこれ!
iPhoneだけに限らずほとんどのスマフォカメラは、ピントを合わせたいところにタップするとピントと明るさを調整してくれます。
暗い場所だとピントが合いにくくなるので、少し明るい場所に移動するか、可能であれば照明をつけるなどして明るさを調整しましょう。日中の自然光だと、ピントがキレイに合います。

 

明るさ調整

こちらも知っている人は少ない様子、、、、
iPhoneのカメラは画面を長押しすると、ピントと明るさがロックされます。その状態で縦にスライドすると明るさの調整ができるんです。すごっ!もちろん撮影した後でも調整することはできますが、一度試してみてください。

 

基本的なしつけ

ワンちゃんはこちらが思うようには静止してくれません。
「はい、チーズ!」と言ってポーズをとるワンちゃんは、今すぐタレント犬になるべきだと思います。笑

かわいいワンちゃんのベストショットを撮影するのにも、基本的な「しつけ」が大切なのです。
しつけをして言葉を覚えれば、ある程度はこちらの言うことに従ってくれます。
「待て」でピタリと静止しした時がシャッターチャンス!

しつけ関連の記事もいろいろあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
しつけ&マナー

 

番外編

 出典:Apple.com

iPhone7plusの人が羨ましい、、、、(私、iPhone6なんで、、、)
この機種は2種類のカメラが搭載されており、そのおかげでぼかしが表現できるんです。今までスマフォでは不可能だと言われていた「ぼかし」!
ご覧ください、Appleの公式サイトに掲載されている写真です。ちゃんと背景に「ぼかし」がかかっていますよね。

 出典:Apple.com

 

まとめ

今回はスマフォでワンちゃんを撮影する際のポイントをいくつかあげてみました。

いかがでしたか?
とても身近なスマフォカメラ。うまく使いこなして、かわいいワンちゃんの写真をたくさん撮りましょう!
instagramでハッシュタグ「#dogpadjp」をつけて、あなたが撮ったワンちゃんの写真を投稿してください!
お待ちしておりまーす!

 

この記事を書いた人
SBT
SBT

写真で人生は豊かになると信じてやまない、関西生まれ東京在住フォトグラファー。